島根県松江市の黒潮社


社長挨拶

今日、印刷技術は水と空気以外のものなら何でも印刷できる程、進歩してまいりました。
そして、私たちの日常生活のなかでも、さまざまな印刷物が利用されています。

送り手からたくさんの受け手に託す媒介としてテレビなど電波情報のインパクトは強力ですが、その情報はすぐ消えてしまいます。印刷物の情報は手軽にジックリと認識できることや、いつまでも残るところに深い意味があります。

(有)黒潮社は80有余年皆様に愛され続けた経験を軸に、色彩豊かに、読む人に感動を与えるメッセージを創造しつづけます。企画から印刷までのトータルサービスを提供しつづけたいと考えています。

企業理念

コーポレートスローガン

企業概要

創業 昭和8年
会社設立 昭和39年1月24日
社員 22名(平成28年6月現在)
代表取締役社長 管田 啓司
沿革
昭和8年 松江市灘町で黒潮社として印刷業を始める
昭和17年 業務拡大のため松江市東本町1丁目に移転
昭和39年 有限会社黒潮社を設立
昭和51年 業務拡大のため松江市向島町182番地3に移転
平成4年 4階建事務所竣工
平成10年 最新カラー分解システム構築
平成13年 菊半裁4色機導入(CIP3対応)
平成17年 ハマダ両面機、CTPシステム導入
平成23年 サーマルCTP(A3判)導入
平成25年 オンデマンド機導入
平成25年 創業80周年を迎える

事業概要